モンゴル二日目

image_mongol02

二日目の朝

8時の朝食に向けて起床
朝方は冷えに冷え込むモンゴル。

トーストとコーヒーと卵と肉炒めを食べて満腹。

ヨーロピアンバックパッカーに紛れてとる朝食に昔の世界一周を少し思い出したり。

 

そしてツアーへ向けて出発!

モンゴル2_1_kikukawa

普通であれば日本人観光客と一緒に車に詰め込まれて
高いお金を払ってるのが一般的だし、きっと普通なんだろうけど

やっぱり現地で全て手配しちゃった方が、料金も半額以下な上に貸し切りのドライバーもコックもガイドも独占、至れり尽くせりのモンゴルツアーとなりました。

 

そんなこんなで初日はゴビ砂漠へGO!

 

ちっさいゴビ砂漠らしいよ

モンゴル2_2_kikukawa

 

ママの作るランチを待つ間に自然を堪能。

 

その後は遊牧民族宅へ。宅と言ってもゲル。あの社会科で出てくるゲル。モンゴル2_3_kikukawa

素敵なお母さんと子供ふたりに迎えて頂き、馬を借りて2時間草原を放浪したり。

(乗馬すらろくにした事ないのにジョッキー座りで草原を滑走した恐怖たるや…恐ろしかったです)

 

モンゴル2_4_kikukawa

 

 

夜はゲルの中で子供たちと、動物の骨を使ったゲームを大人げなく本気でやってみたりして、笑い声の絶えないモンゴルの一日を過ごした。

モンゴル2_5_kikukawa

 

 

そうそう、この日にできた事!

モンゴルに行く一つの目的であった、大草原を全力疾走。

せっかくなので松岡修造風でやってみた。
という感じで、あっという間に二日目が過ぎていきました。

 

ちなみに日本との時差はマイナス1時間。
見渡す限りが地平線で、地面すれすれまで光り輝く星空。

うん、すでに来て良かったと感じた。

以上!また明日!ヴァイラハッ!

モンゴル初日

image_mongol01

ただいまヤポン!

4日風呂に入らず人生初の野グ○を経験し、最終日夜な夜な腹痛でうなされて帰ってきましたーw

モンゴル…とにかくすばらしい、本当に人も食事も世界観も。

近代化が進むにつれてどの国も似通ってはきちゃうし、モンゴルの中心街も同様の事が言えるんだけど、それ以上に広陵とした大地が広がる世界と伝統的な暮らしを続ける人々の温かさ。

モンゴル1_1_kikukawa

これから見るだろう世界よりも
これから見られなくなるかもしれない世界

そんな景色を見たかったのかなと、帰路につく頃に思いふけった。

 

さて、では初日から振り返ってみたいと思います。

まずモンゴリアン航空にて成田より出発!

モンゴル1_2_kikukawa

機内で出たお菓子と私

 

続きまして…

モンゴル1_3_kikukawa

チンギスハーン空港

ここで道を歩いていた現地の中学生くらいの子らに身振り手振りバス停を聞いたのなんて懐かしいくらい。

英語も何も全く通じない。

で、長い一本道を一緒にはしゃいでかけっこしたり歌ったり。
最終的にはしっかりバス停まで見送ってくれて初見から優しさに触れられた。

 

バスにゆられる事、小一時間…

モンゴル1_4_kikukawa

ウランバートル市内の住宅街の公園にて。
社会主義的なマンションが建ち並ぶ一角にあった、謎の遊具。
どうやって遊ぶんだか分からないけど、とりあえず遊んでみたw

その後、無事にゴールデンゴビというゲストハウスに到着して、
翌日からのツアーを手配。そこでも素敵な人々の温かさと笑いを分かち合って
初日からワクワク。

で、夕食を食べまして、ドミトリーで就寝。

 

日中はカラッとして日差しが非常に強く、朝方は凍えるほど寒い。
とりあえず初日の一コマをご紹介。

基本的に僕がカメラマンで友達がモデル。そんな写真や動画ばかりなので、選び出すのが大変。

旅行中の筋肉痛と腹痛が残っているので、明日からの撮影に備えてこの辺りで・・・あ、出発前にリクエストにあったあれこれも一応押さえてきてるからまた改めてご紹介しまーす。

ではでは