モンゴル旅行記

mongl_medium

 

2010年の夏、大草原で全力疾走をしたい…そんな願いを叶える為にモンゴルに行ってきました。

 

今回は現地での手配によって安価な方法、且つ邦人向けの旅行ツアーよりもずっと充実した旅の方法をご紹介します。

 

 比較対象のため先にお伝えしておくと、我々はおよそ10万円でモンゴル往復航空券、宿泊費、ツアー、4泊5日生活費をまかなう事が出来ました。内訳としては、航空券(全込み)8万円、ツアー(二人で21US$)1万円、他1万円。詳しい旅行の内容については下記のBLOGを読んで頂ければと思います。

image_mongol01 image_mongol02 image_mongol03 image_mongol04 image_mongol05

 

 さて、内訳について少しだけ詳しく見てみたいと思います。モンゴルへは冬場は寒すぎて旅行する事が困難なので、夏場の短い間のみツアーや観光客で賑わいます。したがって冬場はかなり安価になるので…今回は夏場の相場で比較してみたいと思います。

 

— 旅の内容 —

・航空券(東京⇔モンゴル直行便)空港税&燃油込み…H.I.S手配

・ゲストハウス(2泊朝食付き)…事前にメールにて予約手配

・ツアー(毎3食付き、現地民ゲル2泊、ハラホリン渓谷、芸術鑑賞、寺院観光、乗馬、ラクダ乗り、伝統衣装着用、全行程英語ガイド&ワゴン運転手付き)…到着後にゲストハウスに交渉

 

— 費用比較 —

既存のツアーとなると…Aゲルに泊まろう(観光客用に作られたゲル)…18万円前後、B郊外で乗馬と温泉を楽しむ…25万円前後など航空券と比べ割高に感じるものが多いのです。しかも、ツアーとなると同じ国籍を一同に集めて行動をする事となりますので、友達作りは出来ても、モンゴルだから出来る事が減ってしまうと思います。

 また事前にツアーを別途申し込もうとすると…航空券と同額、または内容によってはそれ以上の金額になってしまいます。

 

 現地ウランバートル市内にも東南アジア同様に、ツアー代行店が沢山軒を連ねていました。

 今回の私たちの旅行では、事前にゲストハウスの予約を取った際に、同所でツアーなどを行っているかをホームページ上で確認していました。あれとこれをやりたい!とプランにない行き先やイベントを告げると、特別プランで対応頂きました。

 国やタイミングによっては当然ながらツアーなどセットで手配してしまった方が、後々に得をする事もありますが、行ってみてから何とか出来そうかな?というものであれば、現地(海外なら特に)で手配した方が意見や確認がとれるので確実かと思っています。

 

 前述した通り、モンゴルに行くなら夏場の3ヶ月程度しかありません。 出来るだけ早めの手配(航空券だけでも)をしておくと安心かと思います。ツアーなどは、情報を集めてからやりたい事をピックして優先順位で楽しんで頂ければと思います。

 

モンゴル四日目 最終日

image_mongol05
とりあえずモンゴル旅行記も終盤。
モンゴル5_1_kikukawa
エルデニゾーから車で2時間ほど、本日の宿も移動式ホテルゲル。
もちろん実際に住んでいる方がいる家に泊まる訳で、
ここでは初日の宿で一言二言かわした日本人と偶然に合流。
モンゴル5_2_kikukawa
これもまた旅の運命であり醍醐味。
モンゴル5_3_kikukawa
ドライバーのニマさんにお願いして、車で近くのお店までお酒を買いにいき、みんなでモンゴルの夜空のもと乾杯。そういえば3日いてビールを飲むのは2回目。酔ったまま近くの小山を駆け上がり、暇をもてあました遊びを、おなかを抱え笑い転げながら繰り広げる。その時に見た星空はまた一段と輝いていた様に感じた。

 

翌朝の冷え込みを見込んで、靴下をはいて寝る。その時には既におなかの調子も薬のおかげで治ってきていた。

 

さて、翌朝はラクダ乗りからスタート。

モンゴル5_4_kikukawa

ピーピーおなかを気にかけつつも2時間弱の乗駱駝。

その後、ママが作ってくれた朝食を食べ、ウランバートルへ戻る。
その合間に草原で、みんなで食べる最後のランチ。

モンゴル5_5_kikukawa

ホテルに戻り、ガイドのソブタやニマ、ママに本当に感謝を告げ、シャワーがついた大きな部屋を借りた。

4日ぶりに浴びたシャワーは最高。

 

だけど、そこから体調が一気にボゲーッとしはじめて。
ストリートチルドレンにiphoneを盗まれそうになるわ、夕食も喉を通らないほど意識が遠くに言ってしまうわで、モンゴル最終夜に思い出を語り尽くす事ができないまま気がついたら朝になっていた。

 

そして朝6時。空港まで見送ってもらい、帰国。

 

ぎゅぎゅっと凝縮したモンゴル生活を送り、見たい事ややりたい事、思っていた以上のものを体感する事ができて、それに携わってくれた人や笑顔で向き合ってくれた皆に感謝してもしきれない。

もちろんどんな事が起きたって良しとなるのだろうけど、正直今回以上のものは送れないと思う。

そう感じるほどに充実した体験であったし、また一つ国を知る事でこれからの糧になった。

生きているんだ、ピーピーだって楽しまなきゃね。

ではでは

モンゴル三日目 後半

image_mongol04

 

さて、そんなこんなでワゴンはハラホリンへ。

地図で見るとこんな感じ…

モンゴル4_1_kikukawa
大きな地図で見る

 

日本の国土の4倍だけあってでかい。

5時間前後も移動したって変わらぬ景色に変わらぬ地平線。日本で言えば東京から大阪まで高速で移動した距離…モンゴルでは都心以外にあまりコンクリート舗装は見られず、砂利道や道なき道を進む事が多かったな。

 

モンゴル4_2_kikukawa

 

 

さて、ハラホリンではまずモンゴルの伝統芸能であるホーミーと馬の尾で作った楽器の演奏を聴きました。
ホーミとは、通常の倍の周波数で喉やら腹から音を出すという、まるで人間楽器。

演奏してくれるのは、地球の歩き方の1ページ目に載っているおっさん。
握手をした手は働き者の手だった。
ごつごつして指が太い。

名前は忘れちゃったけど、とりあえずおっさんの見事な演奏をどうぞ。

聴きながらうとうとしていたけど、何度もアンコールを受け入れてくれて良いおっさんでした。

モンゴル4_3_kikukawa

 

 

その後、世界遺産のオルホン渓谷でランチを食べた。

モンゴル4_4_kikukawa

モンゴル4_5_kikukawa モンゴル4_6_kikukawa

なんでもこの場所は200年も前から遊牧民を象徴する場所であり、草原を見渡せる王座の座と称されてきたらしい。

その景観はまず日本にはない、雄大な大地、歴史を感じてしまうような空気が流れていた。

 

さて、その後はハラホリンでも世界有数の仏教施設であるエルデニゾーへ。

モンゴル4_7_kikukawa

いろんな神様がいて、いろんな考えがあって、それらを本気で信じて生きている人がいる。それが事実で現実で本物。理屈じゃなくて、言葉じゃなくてそこにあるものだと。

エルサレム以上の感動はないけど、やはり宗教をまとう環境は感慨深いなー。

 

はい、今日のところはここまで!
モンゴル旅も終盤へ差し掛かってきたところで、ぼくはおなかぴーぴーになる訳で…

ではでは。

モンゴル三日目 前半

image_mongol03

 

さて、初めてのゲルでの寝泊まり。

 

モンゴルの朝を舐めていました、完全に舐めきってた。

底冷えするような寒さで目が覚め、そこから足が冷たすぎてまったく寝付けず。風こそ吹かないものの、日本の冬空の下でテントにタオルケットで寝てるかの様な寒さ…靴下に寝袋に防寒していてもこの寒さ。

日が出てきた頃にママが毛布をかけてくれて、やっと二度寝。

モンゴル3_1_kikukawa

その後、初めての野グ○を経験。

砂を足でけっぽって初めて、犬の気持ちが分かるような気がしたw

 

それにしても、しゃがみこみ、より地面と近い目線で見る朝日と丸出しのお尻の寒さには複雑な気持ちになった。

 

 

その後、大草原でラジオ体操の歌を歌いながら体操をしたり、ブラジル体操をしたり。

ママが作ってくれた朝食を食べ、昨晩一緒にはしゃいだ子供らとおいかけっこをしたり、ゲルにぶつかって手から流血したりw

 

最後にお姉ちゃんが手紙を書いてくれて、すんごく丁寧に絶対また遊びにきてねって。まるでウルルン。

モンゴル3_2_kikukawa

きっと一週間も一緒に過ごしたら、別れが辛くなるんだろうなと。

 

で、その別れの後はモンゴル伝統音楽を聴きに移動。

 

その途中のトイレタイムはもちろん草原。

モンゴル3_3_kikukawa

 

その時間を使ってママやドライバーのニマさん、ガイドのソブタと写真を撮って遊ぶ。

モンゴル3_4_kikukawa

 

やたらハイテンションなママ。実は旅のスペシャリストで、本来はゲストハウスで家事や管理をしているらしい。

モンゴル3_5_kikukawa

そんなママとは知らず、初日にゲストハウスでちょっかいだしていたら気に入ってくれてついてきちゃったと言う話。

この話を聴いて、フランスはパリで過ごしたゲストハウスのママを思い出した。あの時もなんやらかんやら最後まで見送りにきてくれて、彼女と一緒にまた来たら良いと言ってくれたママに、ママらしい遠回しな優しさと感謝、それから寂しさを感じた。

ん、まだまだマダムキラーで行けそうだw

スクリーンショット 2013-11-15 13.03.54
よし、長くなったのでここまで!次はホーミーの歌の紹介から世界遺産を巡ります。

ではではー