世界を旅する3Dアート「AKI INOMATA」

旅と生活と写真_akiinomata

 昨年に家庭向けの3Dプリンターが販売されたり、拳銃が3Dプリンターで製造出来てしまったりと、数年前までは大手企業の工業製品を製造する為に使用されていた3Dプリンターの話題が徐々に身近なものになっています。

 今回は3Dプリンターを使いアーティスト活動をされている「AKI INOMATA」さんの作品をご紹介させて頂きます。何事もアイデアとは言え、そこはやはりアーティスト!発想が実に面白く、見ている人をワクワクさせてくれます。年齢も近いので親近感も湧くし、分かりやすい作品ながらも見入ってしまう作品の数々。グループ展など数々の展示会を行っているそうです。

Continue reading

ラオスに陸路で到着してました。

ふー

 

やっと落ち着いて腰を下ろせました。

 
  

(↑ベトナムとラオスの国境)

一昨日ベトナムのフエという町からラオバオを通って

ラオスのサワンナケートで一泊。

 

昨日はサワンナケートからメコン川沿いを北上して

ラオスの首都ビエンチャンに到着しました。

 

2日間の移動時間は20時間くらい。

 

しかもローカルだったので砂埃やらなんやらで辛い反面

何年ぶりかの野原での『たちしょん』が出来た開放感w

 

ちなみに女性の方も茂みしゃがんでしーこっこ。

 

 

まずはサワンナケートに到着後

サイスックゲストハウス(1泊25000kp)に決めて

メコン川の畔で乾杯。

のどがからっからだったので

ビールが体中に染み渡りました。

 

あのメコンを眺めながら

対岸はタイなんだなーなんて物思いにふけて飲むビールは

贅沢なひと時でした。

 

さて

翌朝…ラオスが好きだって言う人の気持ちを知る事が出来ました。
  
(↑朝の大仕事を道路脇で済ませようとしてる犬w)

朝食を食べに寄っただけなのに

やたら喜んで迎えてくれて

『あなたは私の息子!ラオのおばあちゃんを忘れないでね!』

  

さらに『日本に帰ったら絶対に連絡する事!おばあちゃん楽しみに待ってるわ!』

と娘を紹介してくれたり…

(ラオスでは奇数人数で写真を撮るのはタブーらしい)

 

とか

 

ニコニコ手を振ってたら近づいてきて

無表情で握手を求めてきては立ち去って戻ってくる子

とか

 

とにかくWelcomな雰囲気が漂ってる。

(↑この髪型の子供が多かった気がする)

ラオスは朝が早くって夜は20時くらいに店仕舞いを始めて

21時には道が暗くなるような所

 

のんびりするには最適ね。

とりあえず

ビエンチャンからルアンババーンまで北上して

そこからスローボートでタイに再入国する予定(あくまで予定)

それじゃ