プノンペンにて…また拉致られる

image_cambodia4

アンコールのあるシェムリアップから

カンボジアの首都プノンペンにやってきました。

 

丁度こちらはお盆の時期にあたって

利用したバスも満席でした。

 

地球の歩き方には3$って書いてあったけど

実際に色々と話しを聞いたら6$から

しかもお盆の時期なので7$という事になって所要時間は約5時間

 

東京から仙台に帰るのと同じくらいの距離なんだね。

シェムリアップよりは綺麗に舗装された道を運転手が

クラクションを鳴らしまくりながらプノンペンに到着。

 

すぐに適当な宿に荷物を置いて

ふらふらメコン川を歩いていたら・・・

 

またしてもやってしまった…w

 

そう

 

拉致ですw

 

でも今回はすごく笑顔が素敵で優しそうなお母さん(ミミさん)。

 

ナースの娘が10月に横浜に行くっていうから親切にしてくれるのかと最初は思ってて、

(最初に東京に住んでるって言ったら伝わらず、横浜だよって言ったら喜んでたんだよね…)

妹の家でカンボジア料理をご馳走してくれた上に

なんか色々教えてくれたところまでは良かったw

 

カジノでブラックジャックのディラーをしてるというおっさんが

テクニックを教えるから 儲けたお金を山分けしないかと持ちかけてくる…

 

ただ、今度ここに来た時にね!って話しだったので

とりあえずテクニックだけ見る為に別室に移動…

 

約30分間の指導を受けてテクニックをマスターしたからかえろっかなーと

思った次の瞬間…

 

金持ち風のおっさんが入ってくる…

(何が始まるんだか分けワカメ状態ね)

 

てっきりカジノでやると思ってたブラックジャックが

普通の民家の一室で勝手に始まるw

 

手持ちいくらあると言われて

とりあえず小さい財布に入れてた20$を見せたら

ゲームが始まる。

(しかも金持ち風のおっさんはいきなり5万$出してた…)

 

これも練習なんでしょと連呼する僕に

これは本番だよって言われて

 

アホかと・・・w

 

何でこんなところに大金持ったおっさんが来るの?

初対面の僕にどうして2000$も貸してくれるの?

娘を迎えに出て行ったミミさんは3時間経っても帰ってこないの?

どうして集合写真を撮らせてくれなかったのかな?

 

徐々に疑問と不安と掛け金が膨れていって

しまいには35000$を僕が勝つ事になった・・・

 

ただそのお金をもらうには

5000$から1000$を見せなきゃ駄目なんだと言われ

ATMに連れて行かれる。

 

外に出られたら逃げりゃいいやって思っていたので

 

これはチャンスだと思い

ATMの前でひたすら駄々をこねてみるw

 

しかも日本語w

 

下手に英語でやるより日本語&しかめっ面。

たまに笑顔で様子を見てたら何とか開放してくれました。

 

この結末をちょっと知りたい好奇心にも駆られたけど・・・

 

今朝、

泊まっているゲストハウスまで迎えに来るといっていたので

早々にチェックアウトして開放・・・

 

事実であればミミさんはじめ色々と申し訳ないけど

あの笑顔と素振りでさえ演技であったのかもと思うと

どれだけ人を信じる事が出来るのかが分からなくなる時が多々ある。

 

これからもまだこういう機会はあると思うけど・・・

 

とりあえず銃が出てこなくて良かったー

 

おまけ

カンボジアのお金は米ドルとリエル

シェムリアップでは4000リエルで1ドル

プノンペンでは4500で1ドルのスーパーもある

(プノンペンの方がちょっと物価が高め)

1ドル以下のおつりがリエルで返ってきたり

併用して使われているから慣れるまで相当頭が混乱・・・

今でも100リエルの使い道が分からんw

 

それじゃ

バンコク観光ついでに軽く拉致

image_thai03

1日目のドミトリーを出て

通りを歩き始めて5分。

 

教師と名乗る変なおっさんに声をかけられる。

 

僕 『とりあえず宿に行くからばいばーい』

おっさん 『今日はお寺、休みだよ知ってる?』

僕 『いや知らないけど…あ、道だけ教えてよ』

(↑この一言が余計だったなーと今になって思う)

 

カバンから地図を出して差し出すと

 

おっさん 『こことここは休み。今日行くならここら辺をぐるっとだな。』

僕 『へー!ありがと。でも今日平日なのに学校ないんだね?』 

おっさん 『1週間休みだからさ。じゃー気をつけて。』

 

おっさんと別れて20秒後に前からトゥクトゥクがやってくる。

それと同時にさっきのおっさんが後ろから来る。

ごちゃごちゃ運転手とおっさんが話してるのを

とりあえず眺めてたら…

 

おっさん 『さっきのオススメコースを30B(100円)で回ってくれるってよ?』

僕 『いやいや、だからね。僕は宿に向かってるんだってば!』

おっさん 『大丈夫!ぐるっと回ってここに戻ってくるだけだからさ。その後に宿にいけばいいよ』

(まー確かに朝から苦労せずに観光出来たら楽チンだし…ま、いっか)

 

スクリーンショット-2013-04-03-16.52.57

 

↑トゥクトゥクに乗っての

バンコクの観光案内は申し分なかった。

 

まずは

スクリーンショット-2013-04-03-16.53.22 スクリーンショット-2013-04-03-16.53.59

↑綺麗な建て構えの寺と、眩しい位に立ってるきんぴか

スクリーンショット-2013-04-03-16.59.23

ねそべってるきんぴか

スクリーンショット-2013-04-03-16.58.52 スクリーンショット-2013-04-03-16.58.36

↑ラッキーなんちゃらと言うきんぴからしい
スクリーンショット-2013-04-03-16.58.12 スクリーンショット-2013-04-03-16.57.47

スクリーンショット-2013-04-03-16.56.52 スクリーンショット-2013-04-03-16.57.24

スクリーンショット-2013-04-03-16.56.31 スクリーンショット-2013-04-03-16.56.08

↑バンコク市内が見渡せる寺、ゴールデンマウント

 

それで面倒な事っていうのが…

 

これらを見る間に

TATというツアー会社に連れて行かれるんだけど

 

ここからのいざこざを

簡単に省略して話すと

 

バンコクからベトナムを周遊して

チュンマイまで行くのに…

 

一軒目は、25000B(78000円くらい)

 

二軒目は、それは高いから南に行ったほうがいいよって

勝手にコースを変えられてプーケットとか島を巡るので、22500B。

 

最後に日本語が話せる友達がいる所を紹介すると

途中から合流(何故か合流 笑)したおっさんが案内してくれた

 

三軒目は、周遊に24000BでOK。

(あ、結局日本語を話せる人なんていないよ)

どの店に行っても

とりあえず話だけ聞いて

 

僕 『いやいや高いでしょこれは!明日また来るから』

ガイド 『今日限りの値段だから即決しなきゃだめよ』 

僕 『昨日着いたばっかで何も分からないし、とりあえず今日は考える』

 

三軒とも最終的にこんな感じ。

 

完全にやぼだろと思いつつも

とりあえず金さえ出さなきゃ問題ないし

今日は帰るのを諦めてたら…

缶ビール5本空けたおっさんは

 

スチューデント!マ○コ!イタイ!イク!

 

ずっと連呼

 

僕 『いやいやいや、言わないってばそんなん』

 

おっさんはまだ連呼

 

 

結局

初めて行きましたゴーゴーバー↓

スクリーンショット-2013-04-03-16.55.24 

女の子がガラス越しにいて

 

僕『完全に女の子動物園じゃんw』

おっさん 『何番の子とイクの?(イクだけ日本語)』

僕『だから見るだけって言ったじゃん』

 

1時間居座ってビールをおごってもらって

スクリーンショット-2013-04-03-16.54.49

↑三軒目のTATオフィスに泊まらされました。

 

 

あ、ここでしえと田中君に電話しちゃった。ありがとね。

 

半信半疑だった値段も2人に聞いて

高いって事に確信がもてたので

 

朝起きて

前金で払った5000Bも返してもらって

 

墓穴掘られる事なく

カオサンに戻ってまいりましたw

 

いやー

バンコクにきて早々だったし

まだ沢山見ておきたいのに

いきなりカンボジアに飛ばされるところだったw

 

あと2日は情報集めと友達作りに専念して

それから腰をあげようと考えてます!

 

それじゃ

タイ2日目で拉致

image_thai02
昨晩(22日の夜)はバックパッカー暦の長い

↓韓国人のリーといました。

スクリーンショット-2013-04-03-16.06.53
カオサンストリートとか

スクリーンショット-2013-04-03-16.07.32 

 

夕食を一緒に食べて語ったり。

スクリーンショット-2013-04-03-16.08.05

 

つたない僕の英語に優しく対応してくれながらw

宿まで紹介してくれて、旅の再出発は

出だし好調だわ!と思っていました…

この後の面倒が起こるなんて予想もしないでね。

スクリーンショット-2013-04-03-16.08.32

 

 

さて

リーは次の日のお昼頃の飛行機で

20時間近くかけてロンドンに行くらしく

その前に日本人宿に案内するよと約束して就寝。

 

ちなみに

リーはファンのドミトリーで

僕はエアコンのドミトリー↓

スクリーンショット-2013-04-03-16.08.56

 

 

朝8時頃

目が覚めたので先に準備をして

エントランスで朝食を食べながら

リーが降りてくるのを1時間くらい待ってた。

スクリーンショット-2013-04-03-16.09.39

(↑で60B、200円くらい)

 

犬と戯れながらw

スクリーンショット-2013-04-03-16.10.12 

 

全く降りてこないのでフロントの

おっさんに一緒にいた韓国人は?って聞いたら

『3時間前にはチェックアウトしたよ』

 

 

がびーん

(本当にそんな感じw)

やっとこさ日本人と話せると思ってたのに…

 

仕方がないから

昨日、通った時にリーと見つけた

ちょっと良さげな宿を目指す為に

バックパックを背負って出発!

 

この後からちょっと面倒な事が始まるわけです。

 

続く