モンゴル四日目 最終日

image_mongol05
とりあえずモンゴル旅行記も終盤。
モンゴル5_1_kikukawa
エルデニゾーから車で2時間ほど、本日の宿も移動式ホテルゲル。
もちろん実際に住んでいる方がいる家に泊まる訳で、
ここでは初日の宿で一言二言かわした日本人と偶然に合流。
モンゴル5_2_kikukawa
これもまた旅の運命であり醍醐味。
モンゴル5_3_kikukawa
ドライバーのニマさんにお願いして、車で近くのお店までお酒を買いにいき、みんなでモンゴルの夜空のもと乾杯。そういえば3日いてビールを飲むのは2回目。酔ったまま近くの小山を駆け上がり、暇をもてあました遊びを、おなかを抱え笑い転げながら繰り広げる。その時に見た星空はまた一段と輝いていた様に感じた。

 

翌朝の冷え込みを見込んで、靴下をはいて寝る。その時には既におなかの調子も薬のおかげで治ってきていた。

 

さて、翌朝はラクダ乗りからスタート。

モンゴル5_4_kikukawa

ピーピーおなかを気にかけつつも2時間弱の乗駱駝。

その後、ママが作ってくれた朝食を食べ、ウランバートルへ戻る。
その合間に草原で、みんなで食べる最後のランチ。

モンゴル5_5_kikukawa

ホテルに戻り、ガイドのソブタやニマ、ママに本当に感謝を告げ、シャワーがついた大きな部屋を借りた。

4日ぶりに浴びたシャワーは最高。

 

だけど、そこから体調が一気にボゲーッとしはじめて。
ストリートチルドレンにiphoneを盗まれそうになるわ、夕食も喉を通らないほど意識が遠くに言ってしまうわで、モンゴル最終夜に思い出を語り尽くす事ができないまま気がついたら朝になっていた。

 

そして朝6時。空港まで見送ってもらい、帰国。

 

ぎゅぎゅっと凝縮したモンゴル生活を送り、見たい事ややりたい事、思っていた以上のものを体感する事ができて、それに携わってくれた人や笑顔で向き合ってくれた皆に感謝してもしきれない。

もちろんどんな事が起きたって良しとなるのだろうけど、正直今回以上のものは送れないと思う。

そう感じるほどに充実した体験であったし、また一つ国を知る事でこれからの糧になった。

生きているんだ、ピーピーだって楽しまなきゃね。

ではでは