モンゴル三日目 後半

image_mongol04

 

さて、そんなこんなでワゴンはハラホリンへ。

地図で見るとこんな感じ…

モンゴル4_1_kikukawa
大きな地図で見る

 

日本の国土の4倍だけあってでかい。

5時間前後も移動したって変わらぬ景色に変わらぬ地平線。日本で言えば東京から大阪まで高速で移動した距離…モンゴルでは都心以外にあまりコンクリート舗装は見られず、砂利道や道なき道を進む事が多かったな。

 

モンゴル4_2_kikukawa

 

 

さて、ハラホリンではまずモンゴルの伝統芸能であるホーミーと馬の尾で作った楽器の演奏を聴きました。
ホーミとは、通常の倍の周波数で喉やら腹から音を出すという、まるで人間楽器。

演奏してくれるのは、地球の歩き方の1ページ目に載っているおっさん。
握手をした手は働き者の手だった。
ごつごつして指が太い。

名前は忘れちゃったけど、とりあえずおっさんの見事な演奏をどうぞ。

聴きながらうとうとしていたけど、何度もアンコールを受け入れてくれて良いおっさんでした。

モンゴル4_3_kikukawa

 

 

その後、世界遺産のオルホン渓谷でランチを食べた。

モンゴル4_4_kikukawa

モンゴル4_5_kikukawa モンゴル4_6_kikukawa

なんでもこの場所は200年も前から遊牧民を象徴する場所であり、草原を見渡せる王座の座と称されてきたらしい。

その景観はまず日本にはない、雄大な大地、歴史を感じてしまうような空気が流れていた。

 

さて、その後はハラホリンでも世界有数の仏教施設であるエルデニゾーへ。

モンゴル4_7_kikukawa

いろんな神様がいて、いろんな考えがあって、それらを本気で信じて生きている人がいる。それが事実で現実で本物。理屈じゃなくて、言葉じゃなくてそこにあるものだと。

エルサレム以上の感動はないけど、やはり宗教をまとう環境は感慨深いなー。

 

はい、今日のところはここまで!
モンゴル旅も終盤へ差し掛かってきたところで、ぼくはおなかぴーぴーになる訳で…

ではでは。